9月に入りました。本当に暑い夏でした。
まだまだ残暑の厳しい日が続くそうですが、来年も再来年も、
日本の夏はますます暑くなっていき、熱帯化していくのでしょうか。
秋らしい秋が来てくれることを祈るばかりです。
さて、こんな暑い暑い日々ですが、インディバの施術中にお客様の足に触れると、
ヒヤっとすることが多いのです。
皆さん汗を拭き拭きいらっしゃるのですが、身体の芯は冷え切っていたりします。
健康のためにはなるべく冷房は避けたほうが良いとはいえ、今年のような暑さの中、
我慢してクーラーをつけないのはかえって危険。
ほとんどの方が夜中もクーラーをつけて寝るとおっしゃいます。となると、ほぼ一日中
冷房を効かせた場所で過ごしていることになりますよね。
やはり冷房は冷房。ずっとそこに居れば、身体の芯から冷えていきます。
すっかり冷え切ったところで外にでる・・・すると一気に身体の表面温度はあがります。
でも、一度冷え切ってしまった身体の深部まではなかなか温まりません。
そして深部が冷えたまま、再び冷房の効いた室内に入る・・。そして益々冷えていく・・。
そして夜はさっとシャワーを浴びて、再びクーラーの効いたお部屋で寝床につく。
そうやって冷えっぱなしの内臓は、だんだん元気がなくなっていき、血液の流れも滞りがちになります。血液が滞ると、嫌な血液ドロドロを引き起こす誘因となります。
冷えをほおっておくと、代謝も体内の熱の生産力も低下し、身体の機能そのものの
低下させてしまいます。だから「冷えは万病のもと」なわけですね。
人工的に涼しくした室内と酷暑の外気をいったりきたりするうちに、だんだん
体温調節も効かなくなってしまいがちです。そうなると怖いのは熱中症です。
「冷え」に対して、脅かしばかりになってしまいましたが、夏のお疲れを取るためにも、
お腹を温めましょう。かといって、この暑い中、ゆたんぽや腹巻きをしたらそれこそ暑さでダウンしてしまいます。そんな時こそ、インディバがお勧めですよ。インディバによる深部加温は、身体を温めてから4時間後がピーク、そして細胞を活性化させながらゆるやかに通常の体温に戻っていきます。インディバによる温熱は、翌日まで効果的に働いてくれるのです。
インディバで身体の深部を温めて、その日はしっかり睡眠を取れば、かなり体力・気力も回復可能です。そして良い水分をたくさんとれば、溜まった老廃物の排出を助けてくれ、すっきりします。

暑気払いのつもりで、ビールや高カロリーのおつまみを毎晩のように摂っていて、この夏なんだか太っちゃった・・というかたいませんか?夏太りって結構多いんですよ。
涼しくなるまでに、気持ちも身体も一度リセットするような感じでインディバを受けてみてくださいインディバなら湘南・平塚AquaRIpple


気力・体力の回復には、ホリスティックワークの「インディバヒプノ」がお勧めです。
最近どもう身体が重くてやる気が出ないなあ・・という感じのビジネスマンの方に最適です。
インディバで細胞に活力を与え、同時に、心の浄化を促進するイメージワークを入れていくホリスティックワークだけのオリジナルプログラムです。こちらは男性もOKです。
東京・広尾ホリスティックワーク  
インディバヒプノとは?http://www.holistic-work.com/indiba/index.html
インディバ機は元々はガンの治療のために作られた医療機器です。現在は多くの医療現場はもちろんのこと、エステ、スポーツ関係、接骨院等でも数多く使用されており、その安全性の高さが証明されています。安心してお受け下さい。


インディバは、施術者の技術も効果に大きく影響します。身体の部位に合わせて、最適な温度と、適度な圧をかけながら施術していくことがポイントですが、御満足頂ける施術を自信を持ってご提供しております。


f0201550_9175897.jpg

[PR]
by aqua-ripple | 2010-09-03 10:21