過去を思い出して見る。
違う角度から、その過去をもう一度見つめ直す。
そして、手放す。

・思い出す。
・見つめ直す。
・手放す。

この3つはヒプノセラピーで行う退行催眠に欠かせないプロセスです。この3つが上手くいくと、「今」を生きられるようになっていきます。
過去も、未来も、「今、この瞬間」の積み重ねです。「今」をしっかり感じながら生きていると、自分の周りに、素敵な出逢いや出来ごとが、溢れていることに気付きやすくなります。
人生、5割増しのお得感!という感じですね♪

私自身、ヒプノセラピー(前世療法)を体験をしたことで、180度と言っても良い位、ものの見方や考え方が変わりました。
そして、どれほど多くの愛に支えられてきたかに気付きました。
これに気付かずにそのまま生きていったら、一体どんな人生になっていったか、今はもう想像すらできません。
多くの方の後日談としても、前世を体験すると、後々、不思議なことがたくさん起こるといいます。よく言う、シンクロニシティ(意味のある偶然)っていうやつです。
それはおそらく、「今」を感じられるようになったからだと思うのです。本当はシンクロニシティなんて、年がら年中おこっているのかもしれないけど、それに気付かないだけで、日常の様々なことに煩わされるうちに、大切なことを見失しなってしまうのかもしれませんね。
もちろん、私の周りにも、素敵な偶然がたくさん起こり続けています。ほんの些細なことでも、後から思うと、とても重要なことだったりすることに気が付きます。
そして、周りの人、とくに家族や古くからの友人との絆が深まり、新たに深い絆を持った人との出逢いを経験します。前世を体験すると、「この人とはもしかしたら、過去(前世)に時間を共有したことがあるかもしれない・・・」そんなふうに感じることがあるのです。
そんな相手とは、ありのままでいても疲れない、競ったり、比べたりする必要がない、離れていてもその存在を近くに感じることができる。「無条件の愛」というものに気付かせてくれる相手です。恋愛関係とは限りません。
また反対に、自分にはもう必要なくなった人間関係が薄れていくような感じがします。無理にではなく、いつの間にか離れていたという感じです。
人に対してだけではありません。気持ちのよい事や居心地の良い場所、気分が良くないことや居心地の良くない場所、などの感覚もだんだんと研ぎ澄まされていきます。
そうなると、徐々に心が軽やかになっていくのを感じ、生きやすくなってくるんですよ。

前世療法は、何となく・・・から、劇的に・・・まで、本当に面白いほどに自分の内側からの変化を感じます。
内側が変わればやがて、外側へも影響を与えるでしょう。ヒプノを受けたあとは、見た目もスッキリした感じになる方がほとんどです。
前世があるかどうかなんて誰も証明できません。でも、たった2時間ほどの短い時間に、ひとつの壮大な人生のストーリーを創作するなんて、脚本家でもない限り、難しいと思いませんか?
最初から、パーフェクトな前世が見えてくるという人は正直言って少ないです。それでも、浮かんでくるイメージは、通常の自分の意識では、想像すら出来ないストーリーだったりすのです。 
それまで眠っていた潜在意識の未知なる可能性を感じ、自分の中の神秘に驚かされます。

但し、セラピスト選びは慎重にしたいものです。 直観を大切にしながらHP等を参考に、この人に会って話を聴いてもらいたい、この人なら信頼できそう、理由は解らないけど何かシンパシイのようなものを感じる、そんなセラピストから受けると良いと思います。
私自身の、日常の心のチェック項目のひとつに、"自分自身の心が「欲しい、欲しい」状態になっていないか?”があります。
愛が欲しい、お金が欲しい、名誉が欲しい・・・等等。
もちろん仕事としてやっている以上お金を頂くのですが、自我を満たすためだけの金銭欲が高まってきたり、人から誉められたいという気持ちでセラピーをし始めたら、ヒプノセラピストはやらないほうがいいです。
お客様のためではなく、セラピストの自己満足のためのセラピーになってしまったら・・・ それは本当に恥かしいことです。 そんなふうにならないために、常に心を中心に戻す作業を心がけたいと思います。
セラピストも人間ですから、時々落ち込んだり、何かに腹を立てたりすることもあって当然ですが、それでもセラピスト自身で、そういう自分の今を、しっかりつかまえ、正確に感じ取れていることがとても大切です。
今、自分はどういう状態でいるかを正しく理解し、常に自分に一致出来ているセラピストでありたいと思います。

これから前世療法を受けてみたいと思っている方へは、直観を働かせ、自分にぴったりのセラピストを選び、素晴らしい前世を体験していただきたいと願っています。


そして大切なこと。
セラピストの力で前世を見せて欲しい、性格を変えて欲しい、このように受け身な形のセラピーを希望する方にはヒプノセラピーは不向きと言えます。むしろ、占いや、リーディングなどを得意とする方にお願いするほうが私は良いと思います。占いなどで癒される方もたくさんいらっしゃいます。私自身も占いは好きですし、時々楽しみながらやって頂くこともあります。
ヒプノセラピーで使う催眠は催眠術とは異なるものであり、セラピストによって変えるもの、見せるものではなく、あくまでもご自身の潜在意識で感じるセラピーです。

(前世療法などの退行催眠療法は医療行為ではありませんし、また、魔法でもありません。
  効果は人によって様々だということをご了承ください。)

f0201550_411976.jpg
いつも素敵な写メを送ってくれる友人からのワンショット。一服の清涼感をどうぞ。
[PR]
by aqua-ripple | 2010-07-20 05:25 | ヒプノ